写真と趣味とサイエンスな内容で綴るのほほんブログ…

ISO1600の粒子感

[LEICA M-E + SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. E46]

LEICA M-E が修理から帰ってきて
夜景写真を撮って家に帰ってPCで写真を見ていたら、
なんか横線ノイズが複数入っていることに気づきました
拡大したら取り返しがつかないほどの状態でした

それが下の写真です‥
横線ノイズが(汗)

クリックして拡大すると分かるんですが、
3本くらいカラフルな横線ノイズが入っているのが分かりますか?

これはもしやイメージセンサー交換でこうなったのか!?
と気が動転しライカに問い合わせないと!と考えていましたら、
説明するにはちゃんと裏付けを取っておかないと、と調査開始です

まず写真のEXIF情報を見てみると、ISO1600で撮影していた事が判明
同じ設定で撮影してみましたら、写りました横ノイズ
次にISOを徐々に下げて撮影してみると、ISOに関係なく暗所だと写ります
でも写ってない写真もあるので、ISOが高めで暗所撮影の時が出やすいみたいです
よく分からなくなり、次に修理前の写真も見てみることに‥
そうしたら、ありました横ノイズ
と言うわけで修理に関係なく横ノイズが発生していたことが判明しました

こうなったら同じ症状の人が居ないかググってみることにします
すると1件のQ&Aの回答に「SDカードのせいでそんな写真が撮れることがある」とか
そこで、使っていなかった2GBのSDカードを挿して暗所+ISO1600で撮影をしてみました

なんとノイズ無し写真が撮れました

数枚撮影しても横ノイズが発生しなかったので夜間撮影にお散歩に行ってみました
撮影した写真には1枚も横ノイズ無しだったので、SDカードの問題と結論付けしました
その時に撮影した写真の一枚が、今日の一番上にある写真です

カラフルな粒子感がすごい(笑)
立体感も薄れて、なかなか面白い写真になったので、これからは
たまに夜間+ISO1600写真デモ撮ってみようかなーと思った次第です




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2016 breg, All rights reserved.