写真と趣味とサイエンスな内容で綴るのほほんブログ…

Leica M-E

[撮影:PENTAX K-5+FA77mm F1.8 Limited]


Leica X1 に惚れ込んで、いつかはと思っていたのですが
この度、ついに禁断の領域へ足を踏み入れてしまいました

M型ライカのデジタルカメラ、M-E です
このカメラはレンジファインダーという種類のカメラです
minolta35 に次ぐ久しぶりのレンジファインダー!

中身はM9と全く同じですが、
M9との違いと言えばフレームセレクターとUSBポートが無いのと
塗装がアンスラサイトグレーという点です
そしてイメージセンサーはCCDで、35mmフルサイズ

オートフォーカスとかはしませんのでデジカメであること以外は
銀塩カメラのK2とほとんど同じマニュアルカメラということになります
操作的にはとても面倒くさいカメラちゃんというワケです



さて、なんで買ったの?と言う話しですが~

以前からとてもお気に入りの報道カメラマンさんのブログがありまして
ちらほらとライカ写真をアップされていたんですよ
ふと、なにがお気に入りなんだろう、と思ってそのブログで好きな写真を
チョイスしていったら、Summilux 50mm F1.4 ASPH. で撮影した写真
ばっかりだったのが判明しまして、あー、これはもう、Summilux買えってことかー
と言う感じで、最終的にはそれが購入に結びついたという事になりますです

とは言え、M9-P&Summiluxレンズなんて、
ぼくには白目になるくらいお高い組み合わせなので色々と考えました
ズミ50レンズだけ買ってボディはミラーレス機にする?とか‥
そこでネットで検索して写真を見まくったんですが、どの作例を見ても
ちっともピンと来ない

で、M9-P&ズミ50の組み合わせで検索すると、好みの写真が~
と言うことで結局、ライカ&ライカの組み合わせしか響かないのね(汗)
贅沢なぼくの眼‥

で、購入したのが、M-Eです

Leica M-E


M60、M(Typ240)、M9-P、M-E、どれにしようか迷いました

↑これ
欲しい順番に並べてまして、実は銀塩からの好み?でデジカメでの
写真撮影時にも液晶をオフにしておりまして、どうせなら液晶無しの
LEICA M EDITION 60 がいいなぁ~と思っていました

しかし、さすがに撮影後に確認することはあるので、液晶は欲しいなぁ
と思い直して、次の M(Typ240) に‥ で、作例を検索すると‥‥

ん?
あれれ?
なんか微妙に違‥う‥?

調べるとイメージセンサーがCMOSになってました
これが原因なのかどうかはわからないですが、好みじゃないのは確か
なぜかCCDの方が好みだったと言う謎のぼくの眼力(低能‥?;)

と言う訳で、M9-P に決定!
これは報道カメラマンさんと同じボディなので、間違いなし
でもってお店に見に行ってみましたところ、なんかシルバーが派手(汗)
ブラックは元々あまり好きじゃないんです
どうしよー、と悩んでいると、M-E なる物がありますよと言う流れに

このアンスラサイトグレーのボディカラーなら撮影する時もあまり目立たず
すぐに気に入り、価格もリーズナブルだったので(と言っても高い‥
もはや麻痺してます)決定しました


Leica M-E


レンズは、フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4 S.C
とある事情で、ひとまず予算切れだったけどレンズがないとお話しに
ならないので、色々と考えた結果、これにしました

Summilux のシャープな描写に対して特性が違う写りが良いなと思って
シングルコートにしたんですけど、マルチコーティングでもあまり違いは
ないみたいでした

最初に撮影した時は、結構クセのあるレンズだなぁと言う印象でしたけど、
最近はトイカメラっぽくて面白いなーと、だんだん可愛くなってきました


Leica M-E


メニューは、X1 と似た感じなのですんなり馴染みました
と言うか、X1 よりシンプルなので、必要最低限の機能しかない印象です
液晶は小さく、プレビューものんびり(笑)
もうちょいと反応速度をアップして欲しかったけど、まあいいか

ちなみにシャッター音が面白いです

チャッ、ジィィィ‥

と言う風な音で、ジィィィ‥というのはシャッターチャージ音らしいです
最初聞いた時は、え?なになに?と思ったけど、慣れました

持ち歩くのにまだまだ緊張しますけども、
これから毎日持ち歩いて写真を撮りたいと思います




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2016 breg, All rights reserved.