写真と趣味とサイエンスな内容で綴るのほほんブログ…

隠れかふぇ

近所にあるお店の看板
まだ入ったこと無いけど、一度は入ってみたいお店の筆頭候補
小さな矢印にものすごい吸引力を感じます

最近はLOMO LC-Aしか持ち歩いてない
通勤時間に写真撮ろうと思ってたけど、あいにくの曇り空
フィルムはポジフィルムなので、できれば青空の時に撮りたいの
仕方なく道端の花にファインダーを向けただけで会社へ

今現在、めっちゃ晴れてます(なんでや!)


なんだか、とにかく消化不良
乱視とドライアイは最近の超労働で非道くなったりなかったり
ぼやぼや、ぶれぶれです
でも、この状態で夜の立体歩道橋から車のテールランプを眺めると
ちょっとブレがキレイに見えたりする


少女ノイズ(三雲 岳斗 著)」を読み終えた
好きなSF作家です
なのに、この本は普通のミステリー小説だった
読み終えた今、以外とSFだったなぁと実感が湧いてきてる感じ
不可能犯罪っぽい事件や不思議な事故っぽいことが発生するんだけど
種を明かせば、あぁ、サイエンスちっく?だったのかも?な感じがしてきた
最後のお話が一番それっぽかったからかも、という印象からかな?

この著者の小説は、ライトノベルが多いんですが、そっちは読んでないです
ぼくが読んだのは、「M.G.H(三雲 岳斗 著)」と「海底密室(三雲 岳斗 著)」の2冊
少女ノイズは、3冊目になります
先の2冊は、SFミステリー作品
海底密室は深海調査基地の中での殺人事件
M.G.Hは小規模宇宙ステーションの中での殺人事件
どちらも閉鎖空間なだけに、謎解きがとても面白かったわけです
こういった作品をもっと書いてくれると嬉しいんだけどなぁ



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 breg, All rights reserved.