写真と趣味とサイエンスな内容で綴るのほほんブログ…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花水木

[Leica M-E + SUPER ROKKOR 45mm F2.8]

裏から光に透かして撮ると葉脈まで見えるのが
透明標本みたいですごくかっこいいんですけどハナミズキはかわいい(笑)

爺ちゃんから貸すだけと言って実質譲ってもらったレンズで撮りました
ボケがぐるぐるになっちゃうこのレンズもこうして撮るとぐるぐるは大人しい
このレンズは本当にレトロに撮れるんです
フィルムだと、Agfa ULTRAcolor100 撮るのが気に入っていました
コントラストが好みの濃さになってトイカメラっぽく写るんですよ
デジカメだとどうしても同じ感じに撮れない‥
レンズとフィルムと近所のプリント屋さんの調整がいい感じに合わさって
その相乗効果が生み出す色味なんだろうと思います

そのフィルムもどんどん消えていっているので悲しいですね


団地の苔

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

苔の写真はある程度寄れたほうがいいですよね
ミニチュアな世界が再現できるので撮っていてすごく楽しくなります
Jupiter-3 は最短撮影距離が1mですが、50mmなので悪くない感じ
緑の発色がかわいいので今にも小人が葉っぱの影から顔を出しそうで
杉苔が一部赤く色付いていて、それがまた可愛さに色を添えてます

とうとう4月も後半に差し掛かってきました
ぼくのフリーランス業も4ヶ月目が満了しようとしています
今日、会社のデザイナーさんが、ずっとココにいたらいいのに
って言ってくれました(感動)
そのデザイナーさんは、前の会社で一緒だったので殊更嬉しかった
雇ってもらえるなら、長くいますよ~!いや、いさせてください!

と言う心の叫びを知る人は誰もいないのであった‥

春の残香


[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

桜を撮るのは大好きなんですけど、上手く撮るのは難しいです
散った花びらが地面に広がっている様は、土よりアスファルトの方が映えますね
と言うことで、どうにかしてそっちメインで撮ろうとして一番気に入ったのがコレです
少し新緑も混じり始めた桜もまたキレイで好きだなぁ
フレアが入っちゃったけど、虹色に光ってキレイになりました

4月5日に16年ぶりに引っ越しをしました
そんなこんなで、ネットが使えないし腰をやられるし夜はすぐ寝ちゃうし(ぉぃ)
で、ブログは放置したりしてました
写真はずっと撮っていたので、ぼちぼち春写真を載っけていこうと思います

早咲きの桜

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

あと1~2週間で桜が咲くみたいです
近所の早咲きの桜は一足早く開花して青空に彩りを添えてます
お気に入りのレンズで、F2.8 くらいに設定して桜を撮りました
このレンズ、ここまで絞るとなかなかシャープな写真になります
こってりな色合いとオールドレンズに似つかわしくない解像感は
相変わらず好みな質感です

一昨日までは暖かかったのに昨日の夜は肌を刺すような寒さ
4年前のあの日も寒かったな
あの日元気だったアイツは、あっちで元気にやっているだろうか
黙祷したら彼にも挨拶しておこうと思います

線路まっすぐ

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

路面電車の線路
上下のうねりはあれど、まっすぐにどこまでも伸びてる景色です
ここは1週間に一度通る道で眺めるたびに気持ちがスッとする場所
路面電車は町の人たちの風景の一部と化していると言うのが
アットホームな感じがして何よりホッとします

お気に入りのロシアレンズ、Jupiter-3 をずーっとつけっぱなし
CarlZeiss Sonnar のコピーレンズと言われる小粋で安価なレンズ
基本的に、解放F1.5 で撮りまくってましたが、だいぶ慣れてきたので
最近は、F2.0 くらいで撮ってみています

もはや、NOKTON よりお気に入りのレンズになってます

東長崎の天空舗道

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

やっぱり銀塩カメラがやりたくてフィルムスキャナーを調べる日々です

ウチにある複合機もフィルムスキャンはできるんだけど
解像度が微妙で写真屋さんでCDに焼いてもらう写真に比べると見劣りしまくり‥
写真屋さんでCD作ってもらった方が良いよなぁと思うのは目に見えてますん
しかし、写真屋さんだと36枚に対するコストが掛かりすぎるっ!
と言う訳でスキャナーを探す日々なのです

もう大体はこれしかないなぁと言う機種の目星は付いてます
が、ものすごく場所を取るし、金額もそれなりに高すぎる
まだまだ当分悩むだけの日々が続きそうです‥

ちなみに撮りたい銀塩カメラは、LOMO LC-A です(トイカメラかい!)


写真は、東長崎駅周辺の歩道橋の裏側です
ワンオフの建造物というのはなんと無骨でかっこいいんでしょー♪
Jupiter-3 のレンズ効果で合成かと思うほど空が蒼々しくなりました


カモの失敗写真

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

絞りとシャッタースピード設定してー
ファインダー覗いてピント合わせてー
フレーミングしてー

チャッ、ジーィィィッ!(←シャッター音)

まったく手順も設定も構図も問題ないハズだったけど、
帰ってから写真を確認してみると緑色の滑らかなボケが‥
ほう、これは‥‥、フェンスですなぁ(涙)
これさえ無ければ良い写真だったのになぁ‥(遠い目)

ファインダーには写ってないんですけど、レンズには被ってたという
レンジファインダーカメラにありがちなヤツです
ちなみに基本形は、レンズキャップ付けっぱなし撮影です(笑)


フェンスの先

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

週末から体調が良くなくちょっとぐったり気味です
土曜日はちび2号の小学校の金管バンドが音楽祭に出ると言うことで
武蔵野市民会館に演奏を聴きに行ってきました
ここ数年ずーっと「スピリチュアルモーメント」を演奏しているせいか
なにげに上手になってきているような気がしました

しかし、上には上が居る物で、本当に小学生か?と思うほどに上手な
小学校もあり、さらには小学生弦楽団まで演奏していて、驚くやら
感動するやらで、良い音楽祭でした
体調が芳しくなくて、静かな曲の時はウトウトしちゃってましたけど(汗)

来年は中学生になるので、もし吹奏楽部に入れば演奏もグレードアップ
するなーと思ったら、この下手っぴな演奏も愛おしく思えてきます


写真は、近所の団地の侵入防止策用の柵です
緑をバックにフェンスが二重になっているのが、なんかいい感じに
感じたのでささっと撮りました
ただこの団地、周囲をほぼほぼこの山吹色のフェンスで覆っていて、
すごく弱そうな防壁属性ぶりを遺憾なく発揮しています

なんかあったんだろうか‥、気になる‥‥(汗)


鎖の収まり所

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

ぶら下げて歩いていると「怖い」って思うこと、多し

どこかにぶつけるんじゃないか‥
路地に入ったらオヤジ狩りに会うんじゃないか‥
転けるんじゃないか‥

的な

撮影は本当に楽しいです
写真はJPEGで撮って加工はしませんです
なのでぼくの写真はカメラが出した画像そのままとなってます

なぜこんなスタイルになったかと言いますと
トイデジを楽しむことが、そう言うスタイルだったからです
そのカメラでしか撮れない写真が撮りたい

銀塩カメラも同じ思考で撮っています
この場合はフィルムとレンズに依存しますので
色んなフィルムが試したくて、色んなレンズが試したい
という風に至ります(沼へ直行な勢いです)

撮ったままを楽しむのは、そのカメラを楽しみたいからです
加工する前提ならカメラはなんでも良いと思うのでありますよ
何でも良いのなら、たぶんスマホだけで十分です
色んなカメラアプリがあるしフィルターも豊富に付いてますから

デジタルM型ライカは、
ピントとF値は撮影前に自分で被写体に合わせてレリーズします
1枚撮るのにデジイチの5倍~10倍くらい時間がかかります
このくらいの設定だとこういう写真が撮れるだろうなぁ、と
妄想しながら撮影する訳ですが、その妄想時間が一番楽しめる
カメラだと思いました

だからライカはぼくの最も好みの相棒と思います


壁花壇

[Leica M-E + Jupiter-3 50mm F1.5]

ちょっとだけ重責をほのめかされただけなのに心に重石が乗ってしまいました
今日は小雨が降っていて電車ですぐに帰りたかったんですけど、その重石を
振り払うために小雨が降る中、傘もささずに5駅ほど歩きました

すこし落ち着きました

心の病って本当に落ちない物なんですね‥

今日は東京でも雪が降るようですので、みなさん足もとには気をつけて下さい
ぼくもスッテンコロリンと転ばないように牛歩で歩きたいと思います(笑)



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2015 breg, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。