写真と趣味とサイエンスな内容で綴るのほほんブログ…

水玉アクセサリー

[LEICA M-E + SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. E46]

川越に行ったのは何年ぶりだろうと思うほど久しぶりに訪れました
本日は中院と喜多院へ秋を見に行きました
紅葉は終わりかけていたので赤くてキレイな写真は不作でしたけど
枯れ葉の水玉アクセサリーを見つけたのでこれを本日の収穫とします

LUMIX LX9 も持って行ったけど、そちらは Instagram で小出しにします
さて、ポケモン遊ばないと!


たばこ屋さん

[LEICA X1]

トキワ荘があった東長崎の商店街にポツンとあるタバコ屋さん
ぼくはタバコは嗜まないけど色んなタバコのパッケージが
夜の通りにカラフルを撒き散らしていてキレイだったので撮りました
モノクロのまま(笑)

カラフルは伝わらないけど、ま、いいか

ISO1600の粒子感

[LEICA M-E + SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. E46]

LEICA M-E が修理から帰ってきて
夜景写真を撮って家に帰ってPCで写真を見ていたら、
なんか横線ノイズが複数入っていることに気づきました
拡大したら取り返しがつかないほどの状態でした

それが下の写真です‥
横線ノイズが(汗)

クリックして拡大すると分かるんですが、
3本くらいカラフルな横線ノイズが入っているのが分かりますか?

これはもしやイメージセンサー交換でこうなったのか!?
と気が動転しライカに問い合わせないと!と考えていましたら、
説明するにはちゃんと裏付けを取っておかないと、と調査開始です

まず写真のEXIF情報を見てみると、ISO1600で撮影していた事が判明
同じ設定で撮影してみましたら、写りました横ノイズ
次にISOを徐々に下げて撮影してみると、ISOに関係なく暗所だと写ります
でも写ってない写真もあるので、ISOが高めで暗所撮影の時が出やすいみたいです
よく分からなくなり、次に修理前の写真も見てみることに‥
そうしたら、ありました横ノイズ
と言うわけで修理に関係なく横ノイズが発生していたことが判明しました

こうなったら同じ症状の人が居ないかググってみることにします
すると1件のQ&Aの回答に「SDカードのせいでそんな写真が撮れることがある」とか
そこで、使っていなかった2GBのSDカードを挿して暗所+ISO1600で撮影をしてみました

なんとノイズ無し写真が撮れました

数枚撮影しても横ノイズが発生しなかったので夜間撮影にお散歩に行ってみました
撮影した写真には1枚も横ノイズ無しだったので、SDカードの問題と結論付けしました
その時に撮影した写真の一枚が、今日の一番上にある写真です

カラフルな粒子感がすごい(笑)
立体感も薄れて、なかなか面白い写真になったので、これからは
たまに夜間+ISO1600写真デモ撮ってみようかなーと思った次第です


さるすべりんぐ2

[LEICA X1]

何かと忙しくて写真が撮れていません
というか通勤以外で外に出ていませんから当然と言えば当然ですけど
そんな中、入院していた、LEICA M-E さんが退院して帰ってきます!

やばい、いま手元に戻ってくると撮ってしまうやないの~
いまは集中してしないといけないことがあるから、写真撮ってやれんけん
(。・_・)くぅ‥


今日の写真はサルスベリの撮影にリベンジしたです
ちょっと露出を調整してハイキー気味にしつつって感じで
コントラストも高めに設定したのでX1にしては色付きが良いですが
やっぱりいつもの少し落ち着いた絵になります(大好きな雰囲気)

Leica X1 | Comments(0)
Tags[
空中のワイヤーフレーム道路

[LEICA M-E + LOMO LC-A MINITAR-1 32mm F2.8 M]

イメージセンサーの交換のため、M-Eが入院して12日目
もう寂しくて寂しくて仕方が無い状態で日々を過ごしております
X1で写真を撮ってますがオートフォーカス便利!だがそうじゃない!
と言う問答を頭の中で繰り返し繰り返し‥

寂しくてM-Eの写真を見ています
そしたら今日の写真を見て、電線って面白いなあと公開することにしました
周辺減光もお気に入りですが、この電線のつながりの構造がもっとお気に入りです

じつはこの寂しい気持ちはライカの修理だけではないのです
それをさらに増幅させる出来事が先日起こってしまいました

以前在籍していた会社の後輩デザイナーさんが闘病の末に他界しました
SFCやGBのドット絵のゲームを制作していた時代のお話しです
女性のデザイナーでとても個性的な可愛い絵を描く人でした
彼女が会社を辞めたあともSNSなどで細く長くつながっていました
最近ではFacebookでメッセージのやりとりをしたりしてお話をしていましたが
余命幾ばくも無い病で闘病生活を送っているということを聞いて驚きました
でも明るく振る舞う彼女は強くて優しい人だと逆に励まされたことも多かったです
もしかしたらそんな病気にかかったりしていないんじゃ無いかと思ったりもしていました
好きな絵の話をしたり、好きな音楽の話をしたり、昔のお話をしたりしました
でももう、そんなお話しが出来なくなると思うと、とても寂しくて胸が詰まります

病の苦しさから解放されて、この空のどこかで皆を見てくれているんだろうなー
そう思って今日も空を見上げています

かつて賑やかに家族が暮らした場所は今は静かに生を待つ

[LEICA X1]

公共団地
ぼくも若い頃に応募したことがあるけど入れなかった場所
役割を終えて生命がすべて立ち去った跡
取り壊されて、新しい6が建つ
時間が止まった場所
ここは夕日がよく似合う

復元されたニコライ堂をたまたま見てきました

[LEICA M-E + SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. E46]

今週の木曜日はお休みをもらいました
健康診断をはじめ、他にもいろいろと一気に予定をクリアするぜ!
と言う意気込みで各所へGO

地元 ~ 練馬駅 ~ 御茶ノ水駅 ~ 上野駅 ~ 有楽町駅 ~ 帰宅

健康診断終了後、
御茶ノ水でお昼ご飯をすませてから下倉楽器へ向かう時、
方向音痴なぼくは、まあキレ~イに道に迷いまして‥元の道に戻ろうとしていたら
突然、目の前にこの建物が現れた訳なのです
なんか見たことがあるような、と考えていたら思い出しました!
そう、江戸東京博物館で見たニコライ堂の模型を!

まさかあの建物が復元されているというのは知りませんでした~
ということで、棚からぼた餅的なウキウキ気分で写真を撮ってしまうぼくなのでした

ここで撮影したLEICA M-Eですが、この日の最後にライカ銀座店へ行き
イメージセンサーのクリーニングをお願いしたところ、クリーニング前の状態で
お呼び出しがありました
聞いてみると、センサーのコーティングが剥離していると言うことで、
リコール対象になるので無償でセンサー交換します、というご報告でした
通常価格の半額くらいで買い換えもできますけど、どうしますか、と言う魅力的な選択を
迫られましたが、M-Eのセンサー交換をチョイスしました
CCDセンサーの写りはモロ好みなのでここは譲れないな、と思ったのが要因です
あと、半額だと言われても、あの価格ですもんね‥

そのためM-Eは即日入院することになってしまいました‥ううう(。・_・)
退院は1ヶ月後になります‥、長いなぁ‥(涙)

このニコライ堂の写真も少し緑かぶりしていますが、コレ!これが好きなのです!
さて、帰ってくるまでどうしたら良いのか‥

葛西臨海公園のチューリンプ(枯)

[LEICA M-E + LOMO LC-A MINITAR-1 32mm F2.8 M]

ずいぶん前に行った葛西臨海公園にチューリップが咲いてました
見た目に派手なので写真撮るのにすごく見栄えがするお花です
しかも品種がものすごくたくさんあるのが見ていて飽きないのですが
ヨーロッパの方が名付けた名前が多いからかものすごく覚えられません

ロモレンズ付けたデジカメは、トイデジって思っているので
ピントもフレーミングも奇抜にしちゃいがちです(個人の感想です)
それが楽しいんですけど(笑)

ちなみに、今回のエントリーはタイマー使ってみました
ちゃんと設定した時間に更新されるかな~?

夜の池袋ジュンク堂書店前

[LEICA M-E + SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. E46]

仕事帰りに高田馬場から池袋まで歩いて帰ります
ここの景色が見えてくると池袋へ到着したーって思うのです
カラオケ感の主張が半端ないですけども('-'*)

今週末はやり残した企画の改良アイデアをずーっと考えていたんですが
どうにも上手く行けそうなプレイサイクルとマネタイズが浮かんでこない!
と言うわけで、あきらめて新企画を考えたりしましたが時間的に企画書を
用意する時間が捻出できないので、掘り下げるのを断念して再び元企画
の改良アイデアを練ってみましたが、やはり出ない感じでした

今日はあきらめて寝ます‥

さるすべりんぐ

[LEICA X1]

毎年うまく撮れないサルスベリ
日が落ちた夕方のロケーションですが今年はX1でチャレンジ!
絞りをF2.8固定にしてシャッタースピードを落として調整しながらパシャパシャ
明るめに撮ったつもりだったけどまだまだローキーでした

でもなんか自分的には納得の一枚になりました
まだまだ伸びしろもある気がするZ!('-'*)

Leica X1 | Comments(0)
Tags[

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2016 breg, All rights reserved.